qaエンジニアとしてのキャリア

qaエンジニアには、システム開発の基礎から運用・メンテナンスまでの幅広い知識が要求されます。これは、qaエンジニアが完成したシステムの最終確認を行うためで、誤作動や障害を回避するためには必須の作業です。いわば、このエンジニアは一般企業における品質管理を担う、重要なポジションといえます。
qaエンジニアには、典型的なキャリアアップの方法が確立されています。そのため、ウェブ開発の技術者に頻発するキャリアパスの構築で、困惑してしまうケースが少なくなるのです。ウェブ開発の技能に精通したエンジニアの場合、付加的なスキルを身に付けることで、さまざまな分野への転職が可能です。ところが、ウェブ開発に携わるエンジニアには確固としたキャリアパスが存在しないことから、将来的な道筋を見出せなくなるケースも多くなるという現状があります。システムの稼働状況をテストするという専門性の高い職種では、スキルや職歴に応じてマネージャーのポジションに昇進できたり、アナリストとして活躍することも期待できるようです。
プログラミングの知識に精通しているのであれば、独自にテストのツールを開発したり、自動で稼働状況を検査するシステムを構築できるようになるでしょう。そのようなことから、エンジニアとしてのスキルを最大限発揮し、さまざまな企業で働けます。その結果、エンジニアという職種の中でも転職が容易な部類とされており、理想とされる職場を選んで働けるようになるのです。