人材不足を打破するために

qaエンジニアの求人は、右肩上がりでその数を増やしています。なぜなら、高度情報化社会に突入し、プログラムチェックをしなければならない製品の数が増えているからです。
今の時代、直接目にできなくても、さまざまなソフトウェアが国民の生活を支えています。パソコンソフトはもちろん、医療機器や娯楽機器にまで複雑なプログラムが組み込まれており、その一つ一つを人がチェックしなければなりません。チェックをするためにはある程度の知識が必要となり、誰にでもできる仕事ではないのです。
その現場では常に人材不足が叫ばれており、情報サイトなどでもqaエンジニアの求人を目にすることが多くなっています。つまり、募集をかけても満足に人が集まっていないというわけです。この現状を打破するためにできることは、教育の充実ではないでしょうか。子供のころからプログラムに慣れ親しませ、将来的にエンジニアを選択できる子供の数を増やしていくのが解決方法としては現実的といえます。
qaエンジニアは開発側に含まれますが、末端の外部テスターも同じように人材不足が続いているようです。日本の行く末は、社会全体でプログラミングに精通した人材を育成できるかどうかにかかっていると、各所で指摘がなされています。日本がソフトウェア大国になれるかどうかは、人材育成がどれだけできるかが鍵です。IT系の専門学校が林立しはじめていますが、これはいい傾向だと歓迎する傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です