職場環境と必須のスキル

エンジニアという職種には、多くの種類が見受けられます。その中でもqaエンジニアは、質の高いソフト開発には不可欠な人材です。
このエンジニアは、実際にユーザーがソフトを使用する際の利便性を考慮し、各種のテストを実施して品質管理を行います。また、ソフト機能の最適化を自動で行うためのシステムを構築するなどの役割も見られるようです。よって、現場ではソフトウエアの開発支援からメンテナンスなどの幅広い作業が求めれ、ソフトの品質を適切な状態に維持するためのスキルが要求されます。
qaエンジニアの職場では、各エンジニアが協力してソフト開発を行います。プログラマーやリサーチャーなどの専門職と連携した作業が必要です。そのため、協調性が必要とされる職場であり、入職後もスムーズに連携作業ができる人材が求められています。qaエンジニアは、最新の技術を駆使したシステム開発に携わるため、絶えず新たな情報を入手して職務に反映しなければなりません。そのようなことから、エンジニアは有用性の高い情報を入手し、他のスタッフと情報交換をしながら品質向上に専念していく姿勢が重要です。
さらに、職場でのポジションとしてテストを担う複数のエンジニアを統括する立場となるので、管理職の経験がある人材が必要とされているケースもよく見受けられます。企業によってはマネジメントスキルも要求されるので、複数のスキルを兼ね備えた人材であるのも重要でしょう。また、qaエンジニアにも向き・不向きがあるようです。⇒こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です